2005年07月

2005年07月31日

ら〜めんた〜べたいっ♪

36eaa3f9.JPG夜なのにぃ・・

ら〜めんた〜べたいっ♪

夜なのに、そんなことを思っちゃう自分も

ら〜めんた〜べたいっ♪
って矢野顕子さん風に、カワイク歌えば許されちゃう気がする。



それにしても、私は矢野顕子さんの『春咲小紅』という歌を
春先、神戸でラーメン食べる歌だとず〜っと思っていました。

ごめんなさ〜いっ。

それにしても北海道で食べたラーメンもおいしかったぁ!!!!

地元っ子もウナル!!函館ラーメン情報載ってます☆
^^

おいしいものを求めて、
長谷川希は今日もゆく・・

nozomipon at 23:56|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年07月30日

”かたち”にしようと決めること


僕たちは編集しながら生きている

”人生は編集である”

”インディペンデントであることは基本”
”多様なメディアで、「私」という個人、
 あるいは少数のユニットがエディットし、活動することのできる時代”

そんなストーリーに共感し、後藤繁雄さんが運営する
super school">に通う今日この頃。

私が編集したいもの。

それは、マクロ的には”自分の人生”であるけれど、
その縮図としてミクロ的には”本”も書いてみたい。

”本”を編集することで、”人生”が見えてくるかもしれない。
本の完成系をイメージし編集する過程は、人生のゴールをイメージし
そこに向かって生きていくことにつながるかもしれない。

「書きたいテーマがあるから、その方法を考えるのであって、
 形から入るのは何か違う気がする」
たまに、そういう風に言われることがある。

でも、世の中の多くは、ストーリーは後付でカタチから入ることも
結構多いのではないかと思う。せっぱつまったニーズとか。
ストーリーがあった方が、売れるし、人に感動を与えるから。
つまり、テーマは・ミッションはあとづけ。


もちろん、”伝えたい意思”それが理想の形かもしれないけれど、
本を書いてみたいから、テーマを考える。
フリーランスという生き方をしたいから、
自分の売れる部分を考える。

そういうことでもいいんじゃないかなぁ。

カタチにしてみると決めることで、
ぼんやりしていたテーマが、明確なメッセージとなって
自分に突き刺ささってくるハズ。

いつか本を出したいな〜。
テーマが決まってから、方法を考えよう、
っていうんじゃなくて、

本を出したいから、テーマを考えよう。

そんな感じ。

本の編集を学ぶことで、人生の編集を学ぶ。

そう、そんな感じ。
物事をスライドして考えてみるって感じ。

nozomipon at 08:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年07月27日

乗らなきゃソンソン!!!空飛ぶ展望台☆

342a46a6.JPG出ました〜っ!!!

楽天トラベルさんで連載中の旅コラム。
すっぴん旅れぽーたー長谷川希のタビコラム
vol.3エアトランセ×北海道編


今回は、函館〜帯広間を飛ぶ、
うわさのエアトランセを取材してきました!


もう、これは絶対乗ってほしぃぃぃ〜(><)。


コミューター機のエンジンの振動。
シートから伝わる感じが、とってもリアル!

座席が2列配列だから、すべて窓側。
函館、帯広の大自然が目の前に広がります。

空から楽しむ、北海道!

個人的には、
北海道たび・3回目にして・・・長谷川希が、出合ったぁぁ〜
                (ここは、ウルルン風に^^)

これは、知らなきゃソンだな〜。
本当にそう思い、思わずつけたタイトルが、こちらです。
乗らなきゃソンソン!!!空飛ぶ展望台☆
^^



nozomipon at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年07月25日

ソウルジョブ


ソウルジョブ 女30歳・運命の仕事に出会う韓国のアートのことが知りたくて、世田谷ものづくり学校主催の『ソウルジョブ塾』へ。

IID世田谷ものづくり学校。


学校の跡地を利用して、アート系の人々がおもしろいことをやっている
ということは結構前から知っていて、ずっと気になっていたけれど、
訪れるきっかけのなかった未踏の地。

しかし!?、
ついに足を運ぶチャンスは、突然やってきました。


でも、なんでそのきっかけを見つけたのだろう?

そう、
前振りをしておきながら、ネットでこの情報へ辿りついた理由が
思い出せないわ^^;


ははっ。

まっ、いいかぁ〜。

と、とにかく、このプロジェクトそのものに興味があり、
小学校?という、私にとってとにかく楽しい思い出の場所・小学校へ。


・・・ソウルジョブ。

ってきり、ソウルで働く人達のイベントだと思っていたら、
なんとソウル違い。

ソウル=天職なんだそう^^;

確かに、ソウルメイトっていいますもん。

つまり、今回のイベントは『ソウルジョブ』という天職に出合った方々の
インタビュー本の特別セミナーだったのであります。

たまたま、今回のゲストが韓国語に魅せられて事業をおこした
幡野泉社長だったから、私ってばラッキー☆
天職の話も聞けて、韓国のこともバッチリ聞けそう!

私ってば、強運の持ち主です^^


マグニチュード6.0、震度5の地震がセミナー中襲うも、
さすが小学校。

「大抵災害の時は学校が避難場所だから大丈夫!」

というナビゲーターの原田幸子さんの力強い説明に、
さすが鉄筋コンクリート、揺れも少なかったことも手伝って
じっくりと先輩方のトークショーを満喫したのでありました。

買うつもりのなかった、『ソウルジョブ』もしっかりご購入。
これからしっかり、味あわせて頂きます!



nozomipon at 23:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年07月24日

自分の旗を揚げて、進むしかない

一度会っただけで”全面的に応援してくれる”という方がいた。
正直びっくりしながらも、何かのご縁だと信じてその方の紹介で、
ある業界の大御所の方を訪ねた。
 
 待ち合わせした場所で、すぐに彼だと分かった。

 「裏表のない、才能を応援したいという熱い心をもっている
  ○さんの話は無条件に聞くことにしている。
  ○さんは損得なく向き合ってくれるから、○さんからの
  紹介なら、僕は一度会うことにしている。
  普通は、利害関係や仕事の関係でもないのに、お会いすることはない」

 そう語る彼に
 まっすぐ見つめられると「この人にはウソはつけない」
 すべてを見透かされてしまう・・・そう思った。

 私の二倍は生きたであろう、
 それも業界の第一線で真剣に向き合って来ただろう彼と
 長谷川希の人生すべてを背負って対峙する。

 自分の薄っぺらさや甘さが痛い。

 一生懸命生きてきて、自分の頭で考えてきた彼なりの人生の哲学がある。
 こんなちっぽけな”青臭い”想いを伝えても、まだそれが明確な
 ビジョンになり、ストーリーになっていない現状では、弱い。

 彼の話を聞きながら、その彼の生きた文脈を頭で理解し、その感覚を
 その場で共有する(厳密にはできないけれど)、共有しようということ
 でしか関われない。
 
  お互い事前情報の殆どない、もしかしたら出会うはずのない二人が
 2時間近く、その時を共有した。

 私は、もしかしたら、紹介してくれた○さんの想いに応えられないかも
 しれない。でも、忙しくされていて、かつなんの利害関係もない私に
 2時間もつきあってくれたこのご縁。

 私に分かるように世の中の仕組みや、真摯に語ってくれた想いを
 私も汗をかきながら、必死で受け止めようとした。

 途中で、

  「君の気持ちは大切だけれど、どの世界でやっていくか、もっと
   立場がはっきりしていたら、できる限りは協力しますけれど・・」

 とおしゃってくれた時は、正直ほっとした。
 
  
 彼と別れたあと、必死でその2時間のことを書きとめながら考えた。
 
 「腹をくくって、本気で旗を揚げる」こと。
  それしかない。
  ようは、なんの旗を揚げるか。
  
  テーマはあって、やりたいことはたくさんある。
  どう、世の中の仕組みと折り合いをつけていくか。
  
  今の私にあるのは、自由な時間という財産だけ。
  尽きていく資金の不安と闘いながら、進むしかない。

 
 
 
 
 

nozomipon at 09:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年07月21日

だれのため?なんのため? 

c2c0fcb0.JPGずっと気になっていた女性起業家の
須子はるかさんのブログセミナー
「魔性のウェブログ入門』に
参加しました!

同世代で起業した須子さんのことが、
雑誌で拝見してからというもの
気になって「夢を実現させる起業日記」をちょくちょく
読ませてもらっていました。

そんなわかけで、リアルな須子さんにお会いでき感激><!!!


さすが、毎日欠かさず書いていたとだけあって、色々な気付きを
もらいましたが、そこで、一番”はっ”と気付かされたのは

「自分のブログは何のために、誰に向けて書いているのか?」

というそもそものブログ設計。

    私の場合は、もともとは会社員からタレントになったことで、
    番組の裏話を発信しよう!ということがはじまり。


    ちょっと、飛んでいるキャラで(そう自分が信じた文体)で
    書いてみたら、「おバカに見えてもったいないよ」と
    私のことをよく知る友達からアドバイスが入り、少しづつ改良。

    文だけだったものに、写真を入れるようになり、 

    「情報は発信するところに集まる」
     ということを本で読み、番組の裏話だけでなく
     日常を書いてみました。

     そのうちエッセイを出したいな〜と思うようになり、
     読みきりコラム風に文体を変え・・・

つ、つまり
欲張りすぎっ!!!???

でも、欲張ったっていいじゃない!!
自己満足な日記にならないように、ここに辿り着いてくれた
みんなが分かりやすく、役に立つことを発信しよう!

もう一度、初心に帰ろう。

私の夢=欲望はすべて叶えよう!
そういう場所にしよう。

私の歩いた軌跡が、次に続く誰かのお役に立てると信じて。
しばらくは、試行錯誤が続くゆえ、ブログもどんどん変わると思いますが、
愛をもって応援してくださる方、どうぞお付き合い下さいね。

一緒に、夢を叶えましょう!!





nozomipon at 21:36|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2005年07月20日

無くしてみて感じる有難さ

b4c340d8.dat三連休は伊豆方面へ行ってきました。

ドライブで、気ままに周るたび。

海岸線をドライブしてみたり、
景色のいいところで停まる。
気になるお店があれば、車から降りて
訪ねてみる。

温泉に入り、絶景を味わい、自然を感じるたび。

そんな道中、思わず降りてしまった川原。


あっ・・・どこかで見た景色。


そうそう、去年の仕事で(TVKの旅番組)
鮎釣りを確かこんな感じのところでやったんだぁ!!

毎週、毎週、神奈川県内の名所やら、グルメやらなんやら
面白いことをたくさ〜ん、体験させてもらって、
満たされていた私の好奇心と旅願望。

旅の仕事は、
突然の終わりが来てしまったけれど、
終わってみて、本当に有難いお仕事だったなぁと
もちろん当時も感謝していたけれど、
なくしてみて本当に感じることができる気がする。

もちろん、当時も一生懸命やっていたけれど、
一生懸命楽しんだけれど、
正直こんなに早く、突然に終わりが来るとは思わなかったもの。


今させてもらっている仕事も、精一杯やろう。
きっと、人生だって同じ。
どこで終わりが来るのか分からないもの。
今やっていることが、未来につながると信じて
好きなことをやって生きよう。

nozomipon at 10:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

焼き放題!?の干物やさん@伊豆高原

fb8f8009.bmp干物王国、伊豆で
”自分で焼いて””無料で”
味が確かめられるお店。

伊豆高原駅の構内にある、やまもプラザ内の
干物専門店、山六ひもの店。

常時30種類前後の干物があるそう。
ちなみに、この日の試食は8種類!

一枚一枚焼いて食べ・・・

朝なのに、”酒おくれ〜”と
心が叫ばざるを得ないシチュエーション^^;。


私は、吟味の末、秋刀魚と地あじを購入です。


nozomipon at 10:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年07月15日

ライフセーバじゃないよ。

78a207b4.JPGタイ料理店”マイタイ”にて
勘違い。

ライフセーバーみたいっ。
って喜んでいたら、

ライトサーバー うん?
ライトセーバー だって突っ込まれちゃったよ^^;

あ〜
勘違い、勘違い^^;

ちなみにライトセーバーはスターウォーズのアイテム。



nozomipon at 01:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

何を食べるか + 誰と食べるか

よく「何を食べるか」より
「誰を食べるか」が大事、とまことしやかに
言われているけれど、

”美味しいご飯”を”楽しい仲間”と
食べるのが一番!^^


そりゃそ〜だっ!!!って思わず、
”ペシン”とテーブルを叩いちゃうような
真実を感じた夜。


今夜は、これまたなつかしい・大学時代の
バンクラメイト達とプチ☆バングラ同窓会でした。

 バングラメイトとは・・・
 私が、大学生の頃、2ヶ月ほどバングラデシュに滞在する
 きっかけを作ってくれた仲間や、バングラデシュで共に過ごした
 仲間の略称で、

今夜は久々の再会でありました。


あれから、何年経ったでしょうか〜♪



で、タイめし。
なんでやねん!

バングラデシュ料理でなくって、何故タイ?

というつっこみは置いといて、これはマジ美味しい!!
これは美味しいタイ料理★マイタイ
お店の前のトゥクトゥクがまた、バングラを彷彿させるんだなぁ〜。

バングラのホコリっぽい道を、ガーと音を立てて、子供の頃、動物園内を
移動するときに乗ったような小さな乗り物で走ったな〜。

 〜割り込むの当たり前。
  信号なんて、ないっす。
  自動車と人力車とトゥクトゥクが走るバングラ街道〜


しばし、懐かしき仲間をその頃を振り返りつつ、
未来への誓いを新たにするような・・・
(って書くととりあえずカッコイイなぁ)
なかなか前向きなエネルギーに溢れたディナーだったな。


ホント、おいしいものをおいしい仲間と食べたい
いや、食べよう!と決めた夜でした☆



nozomipon at 01:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)