2007年08月

2007年08月27日

あなたとわたし

ccaae2c4.JPG
気づけば
去年はお風呂で

今年は太平洋で
浮かんでいた


闇のひかりの
中で出会った
あなたは

あっというまに
わたしのなかへ
とけてゆく


顔は見せずに
あなたのリズムで
やってきて

あなたのリズムで
かえってゆく



満ちてくる
ちきゅうの羊水に
抱かれるそのときまで


おぼろの月に照らされて
途切れることのない
地球のこきゅう



きのうと同じこきゅうの
あなたの中へ

ボディボードで
浮き輪で
ジャンプ

あなたのこきゅうは
ほんとうは
わたしのこきゅう

わたしのこきゅうは
ほんとうは
あなたとおなじ


そう遠くない昔に
わたしとあなたはひとつだった
わたしはあなたから生まれて
わたしはあなたの中へかえるのか
あなたが私の中へかえるのか

カラダはどこかで
覚えている

そう遠くない昔に
あなたとわたしが
ひとつだったことを



nozomipon at 22:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月24日

【Book】3秒からはじめる朝美人の練習帳

3秒からはじめる朝美人の練習帖


 かわゆいイラストで読みやすい朝の味方、
 『3秒からはじめる朝美人の練習帖』
 を拝見しました。

   ほ〜ぉ
   知っているようで知らないことが
   いっぱいだ
 
 この本の中で、私もイチオシなのが、

 「寝たままでOK!
 朝の3秒ストレッチ」
  
 これは、いま通っている朝ヨガでも
 やっているのですが、楽チンな割りに
 スッキリするのでおすすめですよん。


 練習帖のなかの課外授業の一限目に、
 わたしもちょこっと登場させて頂いております。
 にゃははっ。



 朝生まれのアタシ。
 生誕30周年記念まで12時間をきりました。
 あしたはお休みだし、”朝シャン”(朝シャンパン)でも
 しちゃおうかしら〜ん

nozomipon at 20:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年08月22日

【Niigata】新潟放送 8月24日15時30分〜

7679cda4.jpg故郷にいがたでの
初仕事は・・




ふるさと上川ふれあい祭りのレポートと、
福島県に隣接する自然豊かな地、
阿賀町(町と言っても新潟県で二番目に広い地域!?)の
紹介番組です。

今年で22回を迎えるお祭りは、堀内孝雄さんはじめ、
新潟朝日村出身の朝比奈希さん、高知の歌姫、
前田有紀さんのショーや、仮装踊りなど盛り沢山!

山あいを駆け抜ける風を感じながら、たくさんの笑顔、
ぬくもりに出会いました。

あ〜 暑かったけれど、爽やかな夏の日々でした。
 どんな番組になっているのかな。
 ドキドキ・・☆

注・写真は、日本海夕日(チャリティ)コンサートで。

nozomipon at 13:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

【Niigata】故郷は、近くても遠くても想うもの

d6401e27.jpg久しぶりのブログです。
新潟で過ごした日々。

できるだけ、現地での交流を大切にし、
故郷の風を感じようと、
ネットの世界と意識して
距離を保つようにしていました。


三十路街道へ、日めくりカウントダウンに入った夏に、
ふたつの願いが、新潟で叶いました♪




ひとつは、我が家系のルーツを辿れる資料をつくること。


ちょうど一年ほど前、いわゆる本家へ行き、今年92歳になる祖母や
叔父や叔母に、挨拶に行きました。
分かりやすくと掻い摘んでお話すると、

 自分のルーツを辿って、
何か形にあるものをのに残したいと思うので、協力して欲しいと
話たところ、本家の方でも同じ想いがあったことが分かったのです。

そして、ちょうどその時、今年がじいちゃんの23回忌だと知り、
それならば、その日を目標になんらかしらのモノを創ろうと思いました。
それから、資料を集め、親戚関係者に祖父のことや当時の家業について
お話を聞かせて頂き、可能な限りで、ゆかりの地を訪れました。


 おじちゃんが一緒に居てくれたお陰で、お話して下さった方も
 安心し、お話もスムーズに聞けたのだし、
 いつも温かい料理でもてなしてくれたおばちゃんがいたから、
 食卓が盛り上がったり、昔話に花が咲いたり。
 今までほとんど交流がなかったにも関わらず、快く
 資料作りのデザインを勝手でてくれたR君が居たから
 形にすることができたりと・・

沢山の方々の想いが詰まった、16ページからなる、
「長谷川家にまつわるエトセトラ」を完成することができました!

25人ほど集まった、親戚に、ルーツの一端を伝えることができ、
ほっとしました。

参加することができなかった方や、これから産まれてくるであろう子供達に
これからも受け継がれていくと嬉しいし、時間がかかっても、
私もいつの日にか、家族を題材にした本を書きたいな〜と思っています。


また、この夏、もうひとつの願は、故郷にいがたで、仕事をすることでした。
ルーツ探しに新潟近郊を巡っているうちに、新潟良いところじゃないか〜
と想ってきたのです。
その心境の変化が、自分でも不思議でした。

学生の頃は、新潟に帰る電車の中で、いろいろな高校時代までの
無念な想いが込み上げてきて、よく泣けてきたたもので、
あ〜新潟にはいられない、早く新潟から出たいと思っていましたから。

本音をいえば、小林幸子さんくらいビッグになってから(笑)
故郷に錦を飾りたいな〜と思っていましたが、
今の私でもできることで、何か新潟の元気や復興に、力になれること
をしたいという想いに変わったのです。

テレビのお仕事とイベントのお仕事をさせて頂きました。

なんだか感慨深く、変な気負いもありましたが、
お陰様で無事に終えることができました。
ありがとうございました!



これからも家族や故郷、
そして誰かの役に立てる存在でありたいと思います。

中越沖地震で被災された方々の
いち早い復興を願いつつ・・

nozomipon at 12:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年08月09日

【interview】磯谷佳江さんvol.2  小冊子MY CHARM主宰&フェーヴ収集家&作詞家

abeaf08a.jpgvol.1に続き、
vol.2をアップしました〜☆

かわいらしい陶器の玩具、
フェーヴの世界のお話を中心に、伺いました♪
















nozomipon at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月04日

【Book】聖地巡礼

聖地巡礼 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

さいきん水が気になってしかたがない。
滝や池、気がつけば清流の気配をもとめている。


なんだか、水に呼ばれているのかな

そんなことに気づいてから、初めて入った図書館で
ぷら〜っとしていたら見つけてしまった!

おおっ!
なんと、水にまつわる聖地を回るという
それもランディさんのご本ではないですかぃ

水に焦がれて、旅して、ここまで表現できるって
すごいな〜と関心しながら
何度も、その表現をノートに書き留めたくなる衝動を
抑えて、読みきりました


文体もさることながら、
写真も清らかで、
まるで、からだの中に透明な川が流れてくるような


わたしもこういう旅をしたいなあ〜



それが仕事であれば尚うれし


nozomipon at 22:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)