2008年10月

2008年10月31日

おむす美すこってぃ

b9787055.jpg
ac4c9613.jpg




あした 白金のおともだち宅でする
わーくしょっぷ用に


びすこってぃを焼いたよん


 女性の ほんらいの うつくしさを 応援するから
 
    美すこってぃ


おむすびのかたちをしてるから

   おむす美すこってぃ(笑)


ライ麦粉と 全粒粉でつくったから
いつもより サクサクっ♪


白砂糖は使っていなくって 米飴と メープルシロップで甘味を。


カランツと ピーカンナッツが 絶妙です☆

味見してたら なくなっちゃうよーっと。


あと、一品は、栗の渋皮煮。
基本、お塩で味付けを。

 醤油と 黒砂糖は 隠し味。

 くりのほくほくが たまらんね〜


nozomipon at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

11月3日は いいお産の日♪

231b1a26.jpg


先日、縁あって
訪れた つくばの モーハウスさん。

代表の光畑さんと ツーショットで
手にしているのが、

いいお産の日
のパンフレット。


かわいくて とっても使いやすいと評判の(わたしは
まだ未経験なので・・^^;)授乳服を手がける
モーハウスさん。

授乳中のお母さんがこどもをおんぶしながら
働いていたり

幼稚園にあがるくらいの ちっちゃな女の子
駆け回っていたり・・

とっても斬新な職場で みなさん 生き生きと
働いてらっしゃいました♪

そして、わたしはというと・・
お話をきかせて頂くだけでなく(インタビューの内容は、後日・・)
なんと いいお産の日のMCを つとめることになりましたよ


ちょうど 出産についても いろいろと勉強したいなあ・・と
思っていた時期だったので、とってもうれしいです☆

こどもは みんなのたからもの。


会場へ 是非足を運んでくださいねっ♪





nozomipon at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月30日

名店イタリアン、アクア・パッツァの日高シェフ直伝の

fe478bb9.jpgおゆうはん。

ぶり大根と
秋の味覚のカルトッチョは

柿のあまみが
絶妙に 絡んで なんとも贅沢でゆたかな味わい

NHK生活ほっとも〜にんぐ から 生まれたメニューなんだそう

これは イイっ☆

おうちで お魚と 具を いろいろと 変えて つくってみよ〜っと。

耳たぶみたいな形のオレキエッテは ブロッコリーとアンチョビで♪

うんま〜い

かわいい〜

女の子が たのしそうに パスタ生地をコネコネしてたね〜
キノコのリゾットは ボルチーニダケ の旨味が しっかり 染みて
これぞ、名店の お味!

どれも これも お料理教室の メニューとは 思えない お味でした〜

日高シェフの私服も拝見できちゃったし、
いつもの日本の伝統食的な 感じと またひと味違った夜でした

のぞみさん
おいしい街道を まっしぐら ざんすねぇ〜

うひゃ ひゃっ ◎


nozomipon at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月29日

ちきゅうの リズムで

7f4bf269.jpg
acfef421.jpg
きのうは
埼玉の畑へ
ネイティブアメリカンのテント、ティピの中で
地球暦のイベントを。 地球が、 自分が、 すべての 中心ではなくて

太陽からみた 地球を、自分を、 かんじるじかん

それは、太陽暦ではなく 地球暦と いうらしい
銀河系のリズムに身を委ね
すべてと調和しながら 自らの ありかたを とらえることを 美しいとする、 地球暦に しびれた

今夜は
山々の色付く 長野で
自然と 宇宙の 流れを かんじてる

きのう畑で間引いた白菜の こどもちゃんたちや、
千葉で フードセラピストのえみさんが収穫したお野菜、うたを愛するふみ兄さんの 援農のお裾分けお野菜を
ていねいに
焼いて 頂いた


自然の恵みは それだけで おいしく
化学調味料の いっぱい入った ドレッシングなんぞは 不要なのだ
塩もいらんよ。
すごいなあ〜

じぶんの 撒いた種から 実ったものを 頂くよろこび

だいすきな ひとと 頂く 贅沢な じかん
長野の山はやさしくやさしく つつんでくれる



太陽の おやすみに あわせて
わたしも ねむろう
こんや届いた しあわせな ニュースを共によろこび
味わいながら

しぜんに 寄り添える 日々に ありがとうのきもちで ね

おやすみなさ〜い


nozomipon at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月25日

おむすびで○ 縁むすび

e90d6381.jpgひさびさに
ピンときたっ♪

だいすきな ひとに つくって あげたいんだなあって

ひとに どうこういうよりも、まずは 自分が 自分たちが わたしの出逢う みんなが しあわせに なるための

おむすび

お米は どこどこ産とか この海苔は 特別とか そういうのも 大切だけど

一番大切なことは
この おむすびで しあわせな きもちに なってもらいたいって ことなんだ☆

そのためには おむすび の 隣に ちょっとした 漬け物や おかずも 食べてもらいたいし 食べたいし(笑)
ダシのきいた お味噌汁も 飲みたいし、いやいや、飲んでほしい(笑)
もちろん きもちのいい 空間で
たのしく 食べたいね〜って◎(わたしも一緒にたべるのだ)

ドライブで 車のなかで 食べたりとか デートの途中で ほんばん ディナーまでに 小腹が すいたときに必殺技にとか(笑)

お弁当に だとか

ピクニックしちゃったり だとか

それで もっと もっと 仲良くなって 愛が深まっていったら いいなあ

縁むすびに つながる おむすび♪

ふたりが さんにん よにんと 家族を ふやして

しあわせ が 深まって ひろがってゆく
そんな きっかけ

おむすびが 縁むすび そして 食卓の愛の きっかけに

そんな感じ♪

つながって
むすんでゆくよ〜


nozomipon at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月17日

あと1年しか生きられないとしたら・・

 

こどもを 産みたいって 思った

 

それも 満月の夜3じに

ガバっと 布団から起きて(笑)


 せいかくにいうと

 こどもに おっぱいを  飲ませたいって


 いやいや もっと 正確にいうと

  こどもに おっぱいを のんでもらいたい かな


おっぱいを のんでもらうって
きっと ものすごーーーーーーーーーく
しあわせなんだと 思う


涙がでちゃうくらい



あと1年しか生きられないとしたら・・という
この究極の命題

これは
ずっと ずっと こたえられずにいた

なんだか 紙にかくと陳腐な答えしか出てこなくて

 例えば、

 ちきゅうを 旅したいとか 
 じぶんの生きた証を残したいかもって

   でも それって ほんと〜?って。

 1年しかないんだよ、1年しか。
 全部は見てまわれないし、そんなに行きたいところって
 あるのかなって。

 生きた証って そんなにひつよう?どうなのよって。


  それよりも 温泉にのんびりと つかったり

  あいするひとと おなかがヨジレルくらい笑ったり
   おいしいね〜っていいながら ごはんを食べたり

   風に吹かれながら ぼ〜っとしてたり

 朝 起きて その日の気分で 予定をたてたり

 そういうことのほうが したいんじゃないかな?って思った
  


でも 
じぶんの こどもに おっぱいを 飲ませたい
         おっぱいを 飲んでもらいたいって

どこかで聞いたこたえじゃなくて
じぶんのカラダの底から沸いて来た
たましいの声

究極のほんのう。

いままでも こどもは だいすきだったけれど
そんな風に思ったことはなかったなあ。



満月の夜に わたしの中の 何が みちたんだろう


 もういいよ って合図なのかな


 なんだか、ほかにも したいことが すらすらと 紙の上に
 おちてきたのだけど
  
究極は 
すべての軸は

こどもに おっぱいを 飲ませたいなんだよなあって気づいた

 
わたしが 今回 この世に うまれてきた意味は
愛するひとのこどもを 産んで 
あたたかい てづくりと しぜんが いっぱいの中で
たいせつに たいせつに 育んでいくことじゃないかなって
おもった

こどもも かぞくも

 そして それが みなもととなって あふれていくんじゃないかって


もし1年しか命がなかったとしても
こどもを 産みたいとおもった


育てのお母さんを探そう
誕生日には 贈り物が届くようにしようっておもった


あいするひととの こどものために


nozomipon at 19:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月16日

たいせつにしたいもの

05b54470.jpgなちゅらるはーもにーで 買った、あいすべきもの たちと、ひなたぼっこ中の、おさんぽ日記

○オーガニックれもん○酸処理のしていないおむすび向きの海苔 ※酸処理とは
生産過程で、海苔の病気を防ぐために酸性液に浸すそうなのだけど、その安全性や海の汚染や、海苔本来の風味と味の 劣化も懸念・・
○神話の国 出雲の おでん種
( もちろん保存料・リン酸塩・うま味調味料は未使用)

○紀州自然梅
(ほんものは梅と塩だけ。かな〜りすっぱい☆)

○オーガニック リンデン (西洋の菩提樹)

○ガスール (モロッコの泥)

買い物袋は 風呂敷っス。

たいせつに 育てられ つくられた ものたちは

わたしを とっても しあわせな 気分にしてくれる

日々のことだから

まして カラダの中で とけてゆくものだから

たいせつに したいなあと思う


カラダがふれる すべてのものを
味わって おいしく頂きたい

空気も
ひかりも
においだってそう

みみに届く音も

肌にふれる ものたちや

一緒に ときを すごす 場所や ひとたちも

すべて えらべるし
すべて えらんでいる

いまは それまでの わたしが 選んだもので できている

みらいは これから選ぶすべてのものの 積み重ね

しあわせの たねは わたしの ての なかにあって

どこで どんなふうに 蒔こうかな

一緒に まいてくれるよ という ありがたいひとも 現れたよ

しあわせのたねを
いっぱい いっぱい まこう☆


nozomipon at 13:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年10月13日

田んぼアート

04f01227.jpgはざがけに 掛けきれず

稲の芸術 うまれたり

あ〜

うつくしや

うつくしや


nozomipon at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

稲刈りびより

c741facd.jpgおひさま
どうも ありがと〜
と 先に お礼をしておこう。
宇宙は 感謝の きもちを うけとって くれるかな。


きょうは新潟の実家のお庭に、水菜と
ほうれん草 わさび菜に セージを 植えたよ。

変な角度に曲がるスコップで作業をしていたら
完全農作業姿に扮した とおちゃんが
すぐに 現れた

ちいさな 畑なのにねぇ〜ぶつくさいいつつ気になるんだろうなあ(笑)

でも 一緒に ぱらぱら 種を植えて
おうちの周りの草をむしって
協同作業

いいもんだ〜

そのあと、カメラマンの ふみさんと 合流して

加藤農場で

インタビュー

それから菊水酒造さんの イベント田んぼへ

刈り取った稲を干して乾燥させる、はさがけの台 を組み立てているところに立ち会った

春に わたしも 植えた苗がみごとに育っていたよ

あしたは稲刈りイベント。 おひさま 協力ありがと〜

☆お礼の先払い☆
(*^o^)乂(^-^*)


nozomipon at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)